犬の耳の病気

犬の耳の内側は滑らかで、分泌物により湿っているのが正常な状態です。

イヌの耳

しかし、さまざまな原因から、かゆくなったり、炎症や感染症になることがあります。

放置すると、内耳炎や聴力低下、耳の血管が破裂して一部がはれる耳血腫、脳の炎症など厄介な病気になることがあります。

ほとんどの場合、耳をかいたり、頭を振ったり、傾けたりするので、耳に問題があることがわかります。

耳介の長い犬種や耳道の細い犬種、泳ぐのが大好きな犬や温暖で湿度の高い場所に住む犬は、耳の病気にかかりやすいです。

このような犬の耳の病気を、獣医師はよく「コッカー・イヤー」とか「スイマーズ・イヤー」という表現で呼んでいます。

犬の耳の病気原因・症状

耳ダニが、子犬や猫の場合に最も多い原因となります。
微小なダニの体毛が耳のかゆみを引き起こし、コーヒー色の耳垢が残ります。
ダニは一生を耳の中で過ごしますが、同じ家で飼われている他のペットに移ることもあります。
ダニがいることがわかったら、飼っているペットすべてを治療する必要があります。

花粉やカビ、植物やシラミなどに対するアレルギー反応を示す犬もたくさんいます。
耳をかく以外にも、足をなめたり、顔をこすったりします。
アレルギー性の耳の感染症の場合、アレルギーの原因がはっきりしない限り、何度も繰り返し起こる可能性があります。

犬の耳の中には、普通少量の酵母菌が住んでいます。
しかし、その量が多くなると、においのあるワックス状のものが生じます。
暗くて深い耳道は、酵母菌が増殖するのに絶好の環境です。

細菌による二次感染が起こると、においのある膿のような分泌物が出て、痛がります。

犬の耳掃除をやり過ぎて耳に傷をつけると、耳が痛んだり炎症の原因になったりします。

犬の耳の病気処置・治療

獣医師は、適切な治療法を決定するために顕微鏡(耳鏡)を使って耳の分泌物などを検査・チェックし、その診断に基づいてもっとも効果的な治療法を決定します。
通常、耳の中のダニと酵母菌の両方を殺す薬を処方します。
また、アレルギーの検査をすることもあります。

自家製の犬の耳掃除薬も効果的です。
5ml(小さじ1杯)のマリーゴールド(カレンデュラ)と2.5ml(小さじ1/2)の天然塩を250mlの水に溶かします。
または同量のホワイト・ビネガー(白ワインから作る酢)と水を混ぜます。
これらの溶液を耳道に吹きかけ、5~10秒間マッサージし、綿棒やガーゼを使って耳垢を取ります。

耳垢が取り除かれれば、感染症も治り、においや不快感もなくなります。
その後は、1週間に1回くらいの割合で犬の耳をきれいにしてやると、感染症の再発を防ぎ、他の病気の早期発見にもつながります。
耳掃除は、目で見える範囲だけにとどめましょう。

犬が耳の感染症にかかり、耳をかき続けたり、頭を振って耳をぶつけたり、耳介の外側の血管が破れることがあります。
耳介が内出血すると耳がはれ、耳血腫と呼ばれる病気になります。



犬の耳の病気の関連ページ ・通販情報

ノルバサン オチック通販