犬の緑内障

緑内障は、目の中の圧力(眼圧)が病的に高くなった状態をいいます。
1つの病気というより、さまざまな病気の結果とされています。

犬の緑内障の原因

目の圧力を一定に保つには血行、リンパ液の流れ、目の壁の弾力、神経の働きなどの調和が必要ですが、そのバランスを崩すと起こります。

犬の緑内障の症状

急性症は痛みが強く、運動を嫌うこともあります。
目の充血が起こり眼球が牛の目のように大きくなります。

白内障や角膜の白濁、変性などが見られ、網膜が圧迫を受けて失明してしまいます。

緑内障の病院での処置

完治は不可能です。
眼圧を抑えていくために目薬や内服薬を投与していきます。
手術も行われていますが、目薬を併用する必要があります。



犬の緑内障の関連ページ ・通販情報

犬のアイサポートサプリ