犬の結膜炎

犬の目は澄んで輝き、目ヤニや涙などが出ていないのが正常な状態です。
目が充血しているときは、目薬の点眼から緊急手術まで、症状に応じた治療を必要とする場合があり、注意が必要です。

犬の目の病気で最も多いのは、まぶたの裏側の組織が炎症を起こす結膜炎です。

結膜炎にかかると、目が充血して腫れたり、かゆくなったり、涙が出たりします。

ペットの目にこのような症状が現れた場合は、症状が悪化する前に早急に治療を行うことが大切です。

犬の結膜炎の症状

  • 結膜の血管が充血して目の周りが赤くなったり、はれたりする。
  • 目ヤニ。
  • まばたきが多い。
  • 涙の量が増え涙目になる。

犬の結膜炎の原因

犬の結膜炎の原因で多いのは、細菌感染、外界からの刺激、空気中の花粉やカビなどに対するアレルギーです。
また、病気からの影響によることもあります

細菌性感染症にかかると、黄色や緑色っぽい目ヤニが出ることがよくあります。

遺伝的要因が関係する目の病気もあります。
まぶたが内側に巻き込まれている眼瞼内反症や、下のまぶたが垂れ下がっている眼瞼外反症がその例です。

眼瞼内反症は、目の表面がまぶたやまつ毛でこすれるために炎症を起こすもので、潰瘍の原因にもなります。
通常は生後6ヵ月くらいまでの幼犬時期に、その症状が現れます。

外反症は、内反症に比べて深刻な事態になるケースは少なく、ブラッドハウンドのような犬種によく見られます。
通常なら下まぶたの裏に隠れている赤っぽい粘膜が露出している状態をいいます。
非常に傷つきやすい組織なので、ホコリやゴミ、強い風などによってはれることがあります。

まつ毛重生は遺伝的なもので、まつ毛が二段に生えている状態をいいます。
コッカー・スパニエルやベキニーズなど、小型の犬種によく見られ、目の表面のどの部分が余分なまつ毛でこすられるかによって、軽度から重度まで程度の差こそあれ、炎症の原因にあります。
このような遺伝的疾患には手術が最も効果的です。

草の切れ端などの異物が目に入ったために、炎症などを起こすことがあります。
猟犬や戸外で飼っている犬、特に外反症の犬によく起こります。

白内障やジステンパーにかかっている犬が、結膜炎を併発することがあります。

目の病気の原因はたくさんありますが、繰り返しかかるような場合は、獣医師の診断を受け、その原因を取り除くことが大切です。
常に目を清潔にし、適切な診療を受けるようにしましょう。

犬の結膜炎予防の注意点

走行中の車の窓から犬の頭を出させるようなことは、絶対してはいけません。
危険なだけでなく、結膜炎にかかりやすくなります。

窓から顔を出して強い風をまともに受けると、ホコリなどが目に入り、結膜炎にかかりやすいからです。

結膜炎の治療

原因によって薬が異なりますが、抗生物質の点眼薬が主体になります。
他の病気から併発している場合はその治療と併行していきます。

結膜炎の補助的治療

目が充血したりかゆみを伴うときは、ラズベリーの葉のお茶で目を洗うか、肝油を1滴ずつ、1日3~4回点眼します。



犬の結膜炎の関連ページ ・通販情報

ナチュラルビー目薬10mg

ナチュラルビー目薬10ml