犬の消化器系の病気

犬の胃や腸の調子が悪くなる原因はさまざまです。

犬

腐ったものを食べたり、異物を飲み込んだり、細菌やウイルスに感染したり、寄生虫やアレルギーによる場合もあります。
肝臓、腎臓、膵臓など他の内臓の病気や、糖尿病が原因の場合もあります。

一般的な症状は、おう吐、下痢、便秘、食欲不振、腹痛などです。
初期に発見して治療すれば、ほとんどの場合は食餌療法や投薬が効果的です。

慢性的な場合は治療に時間がかかり、忍耐が必要です。
無理に食べさせようとしてはいけません。

少なくても1日に2回、適切な食べ物を与え、食べたものをメモしておきます。
食欲の変化や排便の変化などは、病気のもっとも初期の兆候である場合が多いので注意しましょう。



犬の消化器系の病気関連ページ ・通販情報

人気のペット用サプリ通販