犬の健康ライフガイド

頭部に現れる病気

イヌの頭部

病気の兆候は、しばしば頭部(顔)に最初に現れます。
涙や目ヤニ、鼻水といった症状に注意しましょう。
このような症状は、異変を察知するための重要なヒントになります。

食欲や行動面の変化も、病気の兆候であることがよくあります。
感染症の多くは、せきやくしゃみによる空気感染、犬同士の接触、食餌や飲み水容器の共用、糞、嘔吐物、汚染物との接触などによって伝染します。

子犬はまだ免疫力がないため病気にかかりやすいので、特に注意が必要です。