犬のチェリーアイ

アメリカンコッカースパニエル

犬の中には、ある特定の目の病気にかかりやすい犬種があります。

犬には分泌線を持つ瞬膜(第三眼瞼)という膜があります。
その分泌腺が脱臼を起こし、さくらんぼのように見えることからチェリーアイという名前がついています。

チェリーアイは瞬膜の腺が突出してしまう病気で、医学用語では腺肥大といいます。

犬は上と下のまぶたの他に、目頭側のまぶたと眼球の間に第三のまぶたがあります。
この第三の眼瞼は瞬膜ともいい、自動車のワイパーのような役目をして目を保護しています。

また、この瞬膜には、角膜を常に潤しておくための眼脂を作っている腺があります。
この腺に異常があるとチェリーアイになります。

犬のチェリーアイの原因

チェリーアイの原因に対しては現在も議論の的になっています。
コッカー・スパニエルやビークル、ブルドック、ペキニーズに特に多いので、遺伝性の疾患と考える専門家もいます。

しかし、ブラッドハウンドやグレート・デーン、バッサー・ハウンドにも多く見られます。
傷が原因であるかどうかも、眼科専門の獣医の間で議論の的になっています。

犬のチェリーアイの症状

チェリーアイになった犬の瞬膜の腺は赤くはれます。
小さなサクランボが、目の端から飛び出しているように見えます。
もう片方の目には、同じ症状が現れることも、現れないこともあります。

チェリーアイになるのは、たいてい1歳以下の犬です。
赤くはれる症状の他に、透明、または粘液状の目やにが出る場合もあります。

チェリーアイの病院での処置

通常は手術で、瞬膜の奥に腺を戻します。
この方法ならば、腺が今までどおり眼脂を作れるので、ドライアイになるリスクを避けることができます。
手術の予後は非常に良好です。

これに対し、手術で腺を取り除くと、眼脂の量が減少するため、ドライアイの原因となることがよくあります。

チェリーアイをそのまましばらく放置しておく場合もあります。
2,3週間で自然に元に戻ることがあるからですが、他の目の病気に発展することもあります。
どのような治療法がベストなのかは、犬種によっても異なるので、獣医師と相談することが大切です。



犬のチェリーアイの関連ページ ・通販情報

ナチュラルビー目薬10mg

ナチュラルビー目薬10ml