山野草・薬草の保存方法

山野草・薬草の保存方法-ハーブ効能効果

山野草・薬草の保存方法

苦労して採取した山野草・薬草カビが生えては水の泡です。
有効成分を十分活用できるように、また必要な時に使えるように、適切な保存を行うことが大切です。

保存方法①干す

山野草・薬草は水で丁寧に洗い、ゴミや汚れを落とします。
40度以下のぬるま湯でさっと湯通ししても良いでしょう。
根や地下茎を使用する場合は、特に念入りに洗いましょう。

干しぜんまい

十分に水けを切り、風通しのよいところで乾燥させます。
根やかたい茎、幹、皮、果実などは日干しにし、大きいものは干す前に細かく刻んでおくと良いでしょう。

花や葉、つぼみ、やわらかい茎は陰干しにしますが、内服用のドクダミだけは日干しです。
大量ならむしろやござ、少量ならざるに広げ、まんべんなく乾燥させます。

全草を干す場合は、風通しのよい軒下に根をもとを束ねて吊るしておくと良いでしょう。

干す時間は10~14時ごろまでにします。
それ以降は湿気を吸うのでやめましょう。
天日に干せない場合は、扇風機や電子レンジを利用する方法もあります。

十分に干しあがったら、最後に一晩外気に当てて少し湿気をもどします。
これは乾かした状態で袋に詰めると、粉々になって品質が低下するのを防ぐためです。

乾燥後は細かく切り、やわらかいものは手もみします。
保存は湿気に十分注意します。
厚手の丈夫な紙袋に入れ、日が当たらず風通しがよく、湿度や湿けの変化が少ない冷暗所に保管します。

このとき、吸湿剤も入れておくと良いでしょう。
また、ビニール袋は空気の流通がないため、カビが発生しやすくなるので避けたほうが良いでしょう。

長期保存するためには、梅雨時に虫が付く場合もあるので、時折袋から出して日にあてましょう。
保存期間は1年が目安です。

乾燥したものを戻すときは、水に半日ほどつけますが、時間がない場合は、ぬるま湯か熱湯につけてそのまま冷まします。
戻すとグッと量が増えるので、分量に注意しましょう。

ゼンマイなどは鍋に水と一緒に入れて火にかけ、70度くらいになったらざるにとって軽くほぐします。
これを3回繰り返し、最後に沸騰させて火を止め、そのまま10時間ぐらい放置しておきます。
他の物も、これに準じた方法で戻せば良いでしょう。

乾燥に向いているものはゼンマイ、ワラビ、ヨモギ、ドクダミ、フキノトウ、ゲンノショウコなどです。
いずれも食用、薬用両面から保存しておくと、何かと便利です。

保存方法②冷凍

必要な時にすぐ使える手軽な保存方法です。
さっとゆがいて冷水につけて水気を切ります。
まとめてジッパー付きのフリージングパックか保存容器に入れて保存します。

使う分量ずつ小分けして、ラップに包むか袋などに入れて密閉しておくと、何かと使いやすく便利です。

解凍は冷蔵庫でゆっくり解凍するか、電子レンジを使う場合でも半解凍の加熱にとどめ、あとは室内で自然解凍します。



保存方法③塩漬け

葉や茎は水けが多いので、塩を多めに使うのがコツです。
容器の底に塩を入れて山野草・薬草を並べ、その上に塩をふり、重しをのせます。

要は、山野草・薬草が空気に直接ふれない状態にします。
水気が上がってきたら、だんだんと重しを軽くしていきます。

戻し方は、やわらかいものは一晩水に浸けておけば良いでしょう。
かたいものは、たっぷりの水に塩漬け山野草・薬草入れて火にかけ、沸騰直前に火からおろし、そのまま蓋をして冷まします。

冷めたら冷水で洗い、塩の抜き加減をみますが、適度に塩気を残す方が味が良いようです。

保存方法④水煮

保存する容器(びん)はパッキンがしっかりしていて、きちんと密封できるものを使います。
容器はあらかじめ熱湯で30分以上煮沸して殺菌しておきます。

山野草・薬草は水洗いして土やゴミをきれいに取り除いたあと、軽くゆでます。
ゆで上がったら山野草・薬草を熱いうちに容器に詰め、ゆで汁を口いっぱいに注ぎ、きっちり蓋を閉めて保存します。




山野草・薬草の保存方法の関連ページ

野草抽出ミネラルウォーター

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional