健康に良い免疫力を高めるアロマテラピー

香りが体に働くメカニズム

香りが体に働くメカニズム

精油の芳香成分が体に作用する伝達ルートは、主に「鼻から」「肺から」「皮膚から」の3つに大別されます。

鼻から脳へ

香りをかぐと、その芳香成分は鼻腔の上部にある嗅上皮の嗅毛に吸着されます。
この情報は、電気信号に置き換えられ「におい」として大脳辺縁系に伝わります。

ここは感情や欲求などをつかさどる脳で、香りを心地よいと感じると、よい感情を生み、リラックスするなど精神面によい働きをします。

さらにこの情報は大脳視床下部へ伝達され、体温やホルモン分泌を調節する自律神経に作用します。

こうして芳香成分からの情報は、体や心にいろいろな影響を与えます。

肺から全身へ

香りをかいだり、芳香成分を含んだ空気を呼吸することで、微量ながら芳香成分は肺に入ります。

成分は肺の肺胞という器官の粘膜から血液に入り、血流に乗って全身へ運ばれます。

皮膚から血液・リンパへ

芳香成分は精油を使ったマッサージアロマバスなどによって、皮膚から吸収されます。

皮膚の表面は皮脂膜や角層がおおい、外からの細菌などの侵入を防止するバリア機能を果たしています。
しかし、精油の成分は非常に小さな分子でできているため、これを通過します。

浸透した精油の成分は、肌に潤いを与えるなどの作用のほか、血液やリンパにも入り、血流に乗って全身へと運ばれます。
こうして各器官に作用し、最終的には汗や尿として排出されます。


 

香りが体に働くメカニズムの関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional