健康に良い免疫力を高めるアロマテラピー精油の製造方法

精油の製造方法

精油の製造方法

精油は原料になる植物の花、葉、果皮、樹皮、根などから抽出されます。
その成分の抽出方法は、現在大きく分けて3種類の方法によって行われています。


水蒸気蒸留法

現在もっとも多く使われている抽出法が水蒸気蒸留法です。
まず原料になる植物の部分を蒸留釜に入れ、水蒸気の熱によって、芳香成分を気化させます。

その蒸気を冷却することで液体にもどし、この上に浮いた芳香成分が精油です。

分離して下に沈んだ水は芳香蒸留水(別名フローラルウォーター、ハイドロソル)といい、ラベンダーウォーターやローズウォーターなどとして、化粧品などに幅広く活用されています。

水蒸気蒸留法で抽出される代表的な精油


圧搾法

主にレモンやオレンジなどの柑橘系の精油を抽出するのに行われる方法です。

果皮の部分をローラーや遠心分離機などの機械を使って、押しつぶして抽出します。

この方法は熱を加えないため、自然の香りが楽しめる一方、劣化が早いので、早めに使い切ることが大切です。

圧搾法で抽出される代表的な精油


溶剤抽出法

水蒸気蒸留法や圧搾法では抽出できない植物に使われる方法です。
石油エーテル、ヘキサンなどの揮発性の溶剤に、原料になる植物を入れます。

すると、溶剤が揮発して植物の中の芳香成分や天然のワックスや色素などが残ります。
これをコンクリートと呼び、このコンクリートをアルコール溶剤で溶かし、溶剤を飛ばして精油を抽出します。

この方法で抽出された精油は「アブソリュート」と呼ばれます。

溶剤抽出法で抽出される代表的な精油


 

精油製造方法の関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional