健康に良い免疫力を高めるアロマテラピー精油の取り扱い方と保存法

精油の取り扱い方と保存法

精油の取り扱い方と保存法

100%純粋な精油はとてもデリケートです。
安全で効果的なアロマテラピーを楽しむには、精油の正しい取り扱い方や保存方法に注意する必要があります。


精油は必ず希釈して使用

精油は植物成分の凝縮液です。
それだけにとても強力な作用を持っているので、肌に直接つけることはできません。

マッサージやスキンケアなど、肌に直接使用する場合には、一部の精油(ラベンダーティートリーなど)以外は必ずベースオイルで希釈して使います。
希釈率の目安は、成人の場合、1~2%、とくに肌がデリケートな方は0.5~1%にすると良いでしょう。


肌に使用する際はパッチテストを

精油を使用する前には必ずパッチテストを行いましょう。
腕の内側に、ブレンドしたマッサージオイルを塗って、24~48時間放置して様子を見ます。

肌に刺激を感じたり、赤くなったり、かゆみを感じるようなら直ちに使用を中止してください。


飲用をしないこと

フランス式のアロマテラピーでは、医師の管理下で内服を行う場合もありますが、イギリス式では認められていません。
勝手な判断で内服することはとても危険ですので絶対に飲用しないでください。


精油の作用と危険性を理解して使用すること

精油が持つ薬理作用は、場合によっては体調を崩す原因になることもあるので注意しましょう。

妊娠中、てんかん、高血圧の人などはとくに注意が必要です。
また、柑橘系の精油を肌に使用した際は、紫外線を当てないようにしましょう。


精油は使用期限を守り、保管は冷暗所で

精油はたいへんデリケートで、熱、光、湿気の影響を受けると成分が変質してしまいます。

精油はたいてい光の影響を受けないよう遮光瓶に入っています。
使用後は必ずキャップを確実に閉めて、高温多湿を避け、冷暗所で子供の手の届かないところで保管すると良いでしょう。

また精油には、使用期限があります。
パッケージや容器のラベル表示を確認して、開封したらできるだけ早く使い切るようにしましょう。

とくに劣化の早い柑橘系の精油は1年未満で、通常のものでも2年以内を目安にしましょう。


 

精油の取り扱い方と保存法の関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional