健康に良い免疫力を高めるアロマテラピーアロママッサージ

アロママッサージの効能効果-アロマテラピー精油の使い方

アロママッサージ

精油を希釈したオイルで行うマッサージは、アロマテラピー効果満点です。

皮膚や筋肉に与える手のひらからの刺激に加えて、精油(エッセンシャルオイル)の成分が皮膚から吸収され、全身に癒しと活力を与えます。


脚・足:血行やリンパの流れを改善

脚は足首から上に向かってさすり上げ、足の甲は、つま先から足首に向かってしごくように行います。
指は付け根から先に向けて、円を描くようにもみほぐします。


手・腕:手や腕も疲労解消!

心臓から遠い手の甲から、上に向かってさすり上げ、指は付け根から先に円を描くようにもみほぐします。
手のひらは中央から外側に向かってしごきます。


肩・背中:ツボをとらえて指圧を

指を使って、イタ気持ちいい程度にツボを刺激します。
自分で行う場合は、手が届く範囲で。背中などはパートナーなどにやってもらいましょう。


おなか:便秘やぽっこりおなかを解消!

両手のひらをおなかに密着させ、胃から腸にかけての範囲を、時計回りに円を描くようにゆっくりさすります。
左右の手を追いかけっこするように交互に動かすのがコツです。


お尻・腰:腰痛やヒップアップ、セルライト予防に!

筋肉疲労時やキュッと引き締まったヒップラインを作るのに効果的です。
お尻は下から上に向かって引き上げるように、腰痛もちの人はウエストまわりをさすります。
ヒップ山は手をこぶしにして、軽くグリグリと刺激します。


首とバスト:年齢があらわれやすい首のケアやバストアップに!

首は上から下に向けてさすり、デコルテは中央から外側に向けて左右4点ずつほど押さえ、リンパの流れを促進させます。
バスとはふくらみに沿って、最後に脇の下を握るようにして刺激します。


顔:素肌をはじめ、むくみや目の疲れにも効果的!

ごく軽い力でさするように行います。
頬は中央から外に向けて、軽く持ち上げる要領で行います。
目のまわりは軽く押さえるように、小鼻と口のまわりは小さな円を描くように行います。
こめかみは軽く押さえます。


頭皮:精神的な疲れや、重い頭がすっきり!

両手の指を広げて、髪の根元に差し込み、指の腹を地肌に押しつけて、頭皮を動かすように刺激を与えます。
次に髪を軽くつかんで引っ張ります。
これを頭全体に行います。


 

アロママッサージの関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional