健康に良い免疫力を高めるアロマテラピーボディ&スキンケア

ボディ&スキンケアの効能効果-アロマテラピー精油の使い方

ボディ&スキンケア

打ち身や目の疲れ、肩こりには精油を使った湿布が効果的です。
のどの不調や鼻づまりには、アロマスチームで症状を緩和させることができます。
また、毎日のスキンケアに使える化粧品を精油で作るのもおすすめです。


湿布:症状によって冷湿布と温湿布を使い分ける

肩こりなどの血行不良による症状には温湿布、打ち身などの炎症のある症状には冷湿布を行います。

温湿布は洗面器に湯をはり精油を1~3滴加えて混ぜ、タオルをつけて絞ります(顔用は精油をベースオイル小さじ1杯に希釈して加えます)。
これを患部に当て、冷めたら絞り直します。
冷湿布は氷水を使って同様に行います。


アロマスチーム:のどの不調や鼻づまりの改善、肌の保湿ケアにも!

香りの湯気を吸入することで、呼吸器系の不調が改善されます。
蒸気が肌をしっとりさせるので、保湿のスペシャルケアにもおすすめです。

洗面器に湯気が立つくらいの熱い湯を張り、精油を2~3滴加えます。
大きめのタオルを頭からかぶり、顔を湯に近づけ、目を閉じて、深呼吸するように鼻と口から蒸気を吸い込みます。1分を目安に行いますが、万が一気分が悪くなるようなら、直ちに中止するようにしましょう。


手作りコスメ:好みの精油で香り高いオリジナルコスメを!

美肌効果のある精油を使って、化粧水やクリーム、リップクリームなどが簡単に作れます。
添加物や保存料を使わない、まさに自然派コスメといえます。

製造年月日とレシピを書いたラベルを貼り、冷暗所に保管して、使用期限以内で使い切るようにしましょう。


 

ボディ&スキンケアの関連ページ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional