キャリアオイル-健康に良い免疫力を高めるアロマテラピー

キャリアオイル-アロマテラピーベースオイル

キャリアオイル

精油を希釈するのに使用するオイルを、キャリアオイルまたはベースオイルといいます。
さまざまな種類があるので、目的によって使い分けます。

精油は一部を除いて直接肌につけることができません。
そこで、マッサージオイルやクリームを作るときに重要な基材になるのがキャリアオイル(ベースオイル)です。

アロマテラピーでは植物性のオイルを使用しますが、これにはいくつかの種類があります。
それぞれの特性を知ったうえで上手に選ぶのがポイントです。


ホホバオイル

保湿効果が高く、人の皮脂に似た成分構造なので、皮膚に浸透しやすいのが特徴です。

マッサージに、化粧品の基材にと、もっとも活用範囲の広いオイルです。
特にフェイスケアにおすすめです。

酸化しにくいので、長期保存ができます。


スイートアーモンドオイル

美肌作りに有効なオレイン酸が豊富です。
肌になじみやすいので、スキンケアからヘアケアまで幅広く使用できます。

特に全身マッサージによく使用され、乾燥肌や敏感肌のケアにもおすすめです。

値段も手頃で、手に入りやすいポピュラーなオイルです。

グレープシードオイル

ぶどうの種から抽出された、さらっと軽い感触のオイルです。
その軽い使用感から、脂性肌の人に最適です。

刺激が少ないので敏感肌の人にもおすすめです。
ほとんど無臭なので、精油の香りを引き立てます。

オリーブオイル

皮膚の再生を促進させる効果を持つオレイン酸とビタミンEが豊富です。

濃厚な感触で、皮膚を温め、肌をしっかり保湿するので、血行が悪く、ひび割れた肌のケアに最適です。
オリーブ特有のフルーティな香りがします。

マカデミアナッツオイル

人の皮膚に似た成分のパルミトオレイン酸を含むので、肌になじみやすく刺激の少ないオイルです。

乾燥肌、老化肌のフェイシャルマッサージによく使用されます。
化粧品の機材として人気が高く、クリームを作るときにおすすめです。


ローズヒップオイル

バラの実の種から採れ、リノール酸、α-リノレン酸を豊富に含むオイルです。
皮膚の再生を早める美肌のためのオイルとして人気です。

フェイスケアにはそのまま美容液代わりに使うか、ほかのマッサージオイルにブレンドして使います。


 

キャリアオイルの関連ページ

キャリアオイル専門通販

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional